井上雄彦「最後のマンガ展」

ちょっと前になるんですが、漫画家井上雄彦の「最後のマンガ展」に行ってきました~。

東京の上野美術館で大成功したあと、熊本の美術館のほうから「宮本武蔵、最後の地」ということで声がかかり、実現したこの展覧会。

東京は無理~と思ってたけど、こんな近くに来るのならぜひ見たい!ということで、給料日前の金欠にも関わらず、見に行きました。

 

美術館全体をひとつのマンガとしてとらえて、順路にそって少しずつマンガを読み進めていくスタイル。

う~ん、ありそうでなかった。新しい試みですよね。

初めて見る井上さんの生原稿を、食い入るように見ちゃいました。

鼻息当たるくらい近かったと思います。

 

本来娯楽であるマンガをここまで完成度の高い美術展にできちゃうのは、

やっぱりものすごい画力のおかげなんでしょうね。

ボクにはない力なので、すごく憧れます。

 

勢いで画集を買っちゃって、お金おろすの忘れてて、

帰りの高速代がギリギリでした(どーん)